>

サビ汚れも油汚れもきれいに落として調理器具を快適に使おう

鉄製フライパンのお手入れ方法について

鉄製フライパンの特徴や使い方

鉄製フライパンと聞くと、中華鍋のような大きいフライパンを連想される方も多いかもしれませんが、勿論普通サイズのものもあります。
このフライパンの特徴としては、重い、というのは言うまでもなく、フッ素樹脂加工のフライパンに比べると焦げ付きやすいということが挙げられます。
しかし、フッ素樹脂加工のようにコーティングされているわけではありませんので、調理後すぐにお水をはり、洗い流すことができます。扱いに一番気を遣わずに済むフライパンではないでしょうか。
使い方は、使い終わったらすぐに洗って水気を飛ばし、調理後は中のものをすぐに他の容器に移すことが必要です。料理を入れたままにしておくと料理の塩分や酸等によりサビ発生の原因になるのでその点は注意してください。

鉄製フライパンが焦げ付いてしまったら

鉄製フライパンは焦げ付きやすいというイメージがありますが、「油ならし」という作業をすれば、それほど焦げ付かずに使用できます。
しかしそれでも焦げ付いてしまった時でも対処法はあるので安心してください。しかもいたって簡単な方法です。
まずは、フライパンの底を覆うくらいの水を入れ、それから中火で加熱させます。これは、焦げ付きを柔らかくする為です。その後は、スチールたわしや金属ヘラで焦げ付きを擦り落とし、洗い流します。そして水気を拭き取り中火で加熱し、完全に水気をとばします。鉄製フライパンは空焚きOKなので、取り扱いやすいといえます。
そして仕上げに「油ならし」をして作業は終了となります。
鉄製フライパンが焦げ付いてしまうのは様々な原因がありますが、第一にはこの「油ならし」が不十分であることが挙げられます。しっかりと「油ならし」をすれば、この鉄製フライパンを使いこなせるようになると思います。


この記事をシェアする