サビ汚れも油汚れもきれいに落として調理器具を快適に使おう

フライパン裏についた汚れを落とすために必要な道具と手順

汚れ落としに必要な道具や使い方

フライパンは、毎日の料理作りに欠かせない存在です。
焼いたり、炒めたり、ゆでたりと何でも出来る調理道具で、一家庭に一台どころか2台3台持っている方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、その「フライパン」も、素材や表面加工によって、使い方やお手入れの方法など、取り扱い方がかなり違います。
例えば、フッ素樹脂加工のフライパンは空焚きや強火の調理は厳禁とされていますが、鉄製のフライパンは十分に熱してから材料を入れるほうが焦げつかなくなる、など、使い方は全く異なります。
しかし正直なところ、フライパンの素材が違うからと言って、このフライパンにはこの料理でなければならない、ということはありません。
しかし、そのお手入れ方法は、それぞれの特徴や使い方を理解しておいた方が長持ちさせることが出来るので、覚えておいた方が良いかもしれません。
ではまず、一般家庭でよく使われる、フッ素樹脂加工のフライパンの特徴や使い方について述べていきたいと思います。
こういうフライパンは、実は強火調理には不向きです。フッ素樹脂加工の耐熱温度は、約250~270℃で、それ以上になると一気に劣化しはじめると言われているからです。
また、硬い金属性の調理道具を使うと、表面に傷がつく原因になります。木製やシリコン製など柔らかい素材の調理道具を使いましょう。
洗う時は柔らかいスポンジに食器用洗剤をつけ、やさしく洗いましょう。研磨剤の練りこんであるスポンジのかたい面や金属タワシは、傷がつくので使わないようにして下さい。
また、これは意外とやりがちなのですが、熱いうちに洗いたいからと、調理後すぐにジューッ!と水をかけたりすることもNGです。急激な温度変化により、フッ素樹脂加工がはがれやすくなってしまうので絶対にやめましょう。

おすすめリンク

おいしさを保つコーヒーマシンのメンテナンス

いつまでも変わらぬおいしさをコーヒーマシンで!メンテナンス価格や期間とプランを知る!

失敗しないエアコンクリーニング仙台編

経験者が語る失敗しないエアコンクリーニングとは。仙台市内のクリーニング業者の賢い選び方。

歯科医院におすすめする超音波洗浄機

歯科の医療用具を洗浄する超音波洗浄機の驚くべき性能と便利な使用方法などについて。

一般家庭でよく使われるフライパンの扱い方

フライパンの裏や鍋などのこびりついた汚れは、実はとても単純な方法で落ちます。 道具もそれほど特別なものは必要ありません。 100円均一に行けば大抵のものは揃いますが、一つだけはどこか専門店に行った方が良いものがあります。 もしすぐに用意できなければ、とりあえずシンクを使っても良いかもしれません。

鉄製フライパンのお手入れ方法について

一般家庭でよく使われているフッ素樹脂加工のフライパンについては、先に触れさせていただきましたが、フライパンの種類はそれだけではありません。 重いけれど使い勝手の良い鉄製フライパンや、ステンレス製のフライパン、セラミックコートのフライパンなど様々あるのです。

年末大掃除はどうする?

鍋が綺麗になったら気持ちが良いですよね。 ついでに他の所も綺麗になったらもっと気分が良くなりそうな気がします。 そういえば、そろそろ年末大掃除のことを考え始める時期になってきました。 毎年、今年こそはと気合を入れているのもこの時期ですが、中々理想通りにはいかないのが現実です。